キャベツダイエット 効果 方法 作り方 美肌 スキンケア キャベツダイエットの成功法則


通常15000相当本格エステ体験⇒1000円でOK☆お得なキャンペーン♪

スポンサーサイト

  • 2006.11.14 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


キャベツダイエット成功の秘訣  目次

キャベツ,ダイエット,キャベツダイエット,おもいッきり

おもいッきりテレビでも特集コーナーで紹介され話題をよび、その効果のうわさが広がりつつあるキャベツダイエット

その時のおもいッきりテレビのテーマは「医師が3ヶ月で27kgの減量に成功。メタボリック症候群も克服した!」という、キャベツを効果的に食べてダイエットをし肥満を改善するポイントをご紹介したものでした。

その先生の劇的なダイエット成功をみて「私もキャベツダイエットをやってみよう」とチャレンジしているヒトも多いと思います。自分もですが・・・。

このキャベツダイエットを実行する際のコツやキャベツダイエットの注意点をまとめてみました。

キャベツダイエット成功の秘訣 目次

   ・キャベツダイエットの進め方
   ・キャベツダイエットの注意点
   ・キャベツダイエットとリバウンド

キャベツダイエット成功の秘訣  キャベツダイエットの進め方

ダイエットは実にさまざまな方法があります。全部試してみて自分に合う方法を見つけられればいいのですが・・・。とっくに痩せてるかも^^

ここで取りあげる、おもいッきりテレビでも特集されたキャベツダイエット。なぜキャベツをつかうのかですが、この理由は、キャベツには食物繊維が多く含まれており、またビタミンCも豊富なためダイエットに向いている野菜だからです。

キャベツダイエットの方法は各食事の前に、ザク切りにしたキャベツ1/6コをよくかんで食べることです。各食事すべてにキャベツを食べるのがむずかしい場合はまずは夕食のみなど、一食からでも大丈夫なようです。

よくかんでキャベツを食べることにより、おなかいっぱいになった感じがするのでキャベツを食べた後に食べる主食の量が少なくてすむということですね。

いくらダイエットのためとはいえキャベツばかりでは飽きちゃう!という方は他の野菜をまぜてみたり、レモンをかけて食べるといいようです。

濃い味が恋しいからといってマヨネーズやドレッシングをかけてしまってはダメですからね。

キャベツダイエットの副作用であるお肌の荒れやかさつきも抑えることができる美容や健康にもよい食材なのでダイエットには好まれて使われています。

キャベツダイエットの注意点

キャベツダイエットをする際に注意していただきたい事があります。いくら健康を損なうことが少なく肌やお通じにいいからといいからと言ってもキャベツばっかり食べているわけにもいきませんよね。

健康的にダイエットを進めていくためには、やはりバランスをとって時間をかけダイエットをすることが成功する秘訣です。

バランスの取れた食事、ということはキャベツばっかり食べててはいけないわけです。

たとえばヒトが生きていくうえで最低限必要なたんぱく質の摂取量は約70〜80gと言われてます。目安としては、豆腐半丁、牛乳200ml、玉子1個、魚80g、肉80g位です。

この数値は食べてもいい、ではなく食べなくてはいけない、と認識してダイエットをしてください。ダイエットを行うのに、このバランスが極端にくずれると体調不良などの症状が出てきます。

またキャベツダイエットをしていて、なんか物足りない、食べたりないなぁというときには、食事の合間に果物を食べるといいでしょう。みかん、りんご、柿、ナシなどは一日に2個までは食べても大丈夫です。

せっかくダイエットをしているのに、どうしても肉や魚を食べるのに抵抗があるという方はプロテインなどで調節をして、バランスよくキャベツダイエットに取り組んで下さい。

キャベツダイエットとリバウンド

キャベツダイエットをしていて手痛いしっぺ返しを食らわないために気をつけていただきたいことがあります。

ダイエットのしっぺ返しというと、いわゆる「リバウンド」。極端に偏った食事系のダイエットを行うと、必ずといっていいほど「リバウンド」を体験する事になるでしょう。

はやく痩せたいからと言ってキャベツばかり食べていると、人間が生きていく上で欠かすことのできない重要な栄養素の一つ「たんぱく質」の摂取量が非常に少なくなってしまいます。

人間の体は足りないものがあると、より多く摂取しようとする、本能的な力が働きます。生きていくための本能ですから抑えようがありません。

偏った食事、今回で言うとキャベツばっかり食べていると、体はどんな微量のたんぱく質や糖分でも吸収しようと過剰に働くカラダになっているわけです。

体がこういう状態の時もとの食生活に戻したりすると、ここぞとばかりに体が必要以上に栄養素を取り込もうとするので、あっという間にもとの体重、ヘタをするともとの体重以上になってしまう危険性があります。

こうなってしまってはしんどい思いをして行うキャベツダイエットももとの木阿弥どころか、より太ってしまう結果に終わる可能性があります。

やはりキャベツダイエットに限らず、ダイエットは2〜3ヶ月くらいの時間をかけゆっくりとバランスよく行うのが、結局は早道ですね。






キャベツダイエット 効果 方法 作り方 美肌 スキンケア